ご挨拶

同窓会柏葉会会長
高木 嗣朗

 会員の皆様には日頃から柏葉会の活動にご理解とご協力を頂き、誠にありがとうございます。
母校である川崎高校は、昭和2年、川崎市民の熱い要望に応えて、神奈川東部地区初の旧制中学校として設立されました。昭和23年には新制川崎高等学校となり、翌年、定時制の課程を併設して、川崎大師平間寺が発起人となって設立された私立川崎弘道中学の生徒を受け入れながら、川中時代からの質実剛健の校風に育くまれ、引き続き多くの人材を輩出し、各界で活躍していることはご承知のとおりです。
 そして平成16年に、川崎南高校と統合して、全国初の全・定一体型の単位制フレキシブルスクールとなりました。併せて校舎改築を行われ、平成17年に“光と風”の新校舎が完成しました。学校のシステムが変わっても、川中・川高の同窓生として今後も母校の伝統を引き継ぎ、創造していくことと思います。
 柏葉会の目的は、会員相互の親睦を図り、母校の発展を助成することです。例年5月第3日曜日に「定期総会・記念講演」を母校で、10月第3日曜日には 「柏葉交流会」を校外で開催しています。また9月には母校の文化祭「輝葉祭」や 県下の高校OBが集う「青春かながわ校歌祭」に参加しています。これらの活動を通じて、多くの仲間や先輩・後輩は勿論、先生や在校生、PTAとも世代を超えて交流を深めているところです。このホームページでもご案内を差し上げますので、同窓生の皆さまのご参加をお待ちしています。
 母校は平成29年に創立90周年を迎えました。次は100周年を迎えることとなりますが、会員の皆様が母校の卒業生であることに誇りを持って、参加することに楽しみを感じて頂けるよう、活動の充実を図っていきたいと思います。
 会員の皆様の柏葉会へのご協力をお願いし、併せて皆様のご健勝を心からお祈り申し上げます。


県立川崎高等学校長
柏葉会顧問
名渡山 博

 同窓会の皆様、令和3年度4月1日より、神奈川県立川崎高等学校フレキシブルスクール8代目校長となりました名渡山 博です。私自身も昭和57年卒業の柏葉会の一員でございます。伝統ある川崎高等学校の校長として着任することになり、本当に光栄なことであると思っております。
 私は、昭和63年から平成8年までの8年間を旧川崎高校で勤務しました。10年他校で勤務し、平成18年から6年間、フレキシブルスクール川崎高校定時制で勤務いたしました。この度9年振りに川崎高校に帰ってまいりました。
 フレキシブルスクール川崎高校の教育目標は「自ら学び、自ら行い、自らを高める人間の育成」です。これは旧川崎高校での「自主、自立」から受け継いだものです。生徒は自身の目的に向かって、日々挑戦し、自らを磨く高校生活を送っております。
 フレキシブルスクールの特徴を最大限に生かし、さまざまな学びを体現している生徒がたくさんおり、頼もしい限りではありますが、反面旧川崎高校と変容してしまったものもあります。例えば、部活動に精を出す生徒が少なくなっているように感じます。運動部や文化部が活発に活動し、市内、県内で活躍する生徒がたくさん出ることを期待したいと思います。勉強以外でも高校生活が充実したものとなるよう支援していきたいと考えております。
 私の任は、フレキシブル川崎高校において、生徒が充実した高校生活を送ることができるよう環境を整えること。そのために、職員にとって働きやすい職場環境を保ち、この特色を最大限に生かした教育を推進することと考えております。
 今後とも、同窓会の皆様の変わらぬご支援とご助力をお願いいたします。