母校文化祭に参加(2)

県立川崎高校文化祭「輝葉祭」二日目のレポートです。

10時から視聴覚ホールで同窓会主催の「校歌を歌おう」を行いました。コールかんらんのメンバーをはじめとした卒業生と現役PTAの皆さん、平松和夫校長先生他先生方、現役の生徒会役員の生徒が参加してくれました。

旧制川中校歌「大君います」、昭和30年制定「光満つ」、平成17年制定「世界のどこかで」の三つの校歌を、高木会長のリードで声を合わせて歌うことができました。

記念室には一日中来訪者が絶えません。昨年発行した90周年記念誌を手に取って自分の時代の記述を読みふける方、展示された写真を見て時代を語り合う方、これも90周年記念で作成したモザイクアートを拡大鏡片手に眺めてご自分やお知り合いの姿を見つけて歓声を上げる方、それぞれの楽しみ方をしていました。

「集い2018」メッセージボードに卒業アルバムから担任の先生方の写真をお借りした組み写真を掲示しました。何人もの卒業生が案内に立つ同窓会役員に先生の顔写真を指さしながらお世話になった思い出を熱く語ってくれたのが印象的でした。まもなく12期から14期の担任の先生方にもご案内をお届けします。11月25日が楽しい再会の場となることを期待しています。

2018年09月18日