ご挨拶

同窓会柏葉会会長
高木 嗣朗

 会員の皆様には日頃から柏葉会の活動にご理解とご協力を頂き、誠にありがとうございます。
母校である川崎高校は、昭和2年、川崎市民の熱い要望に応えて、神奈川東部地区初の旧制中学校として設立されました。昭和23年には新制川崎高等学校となり、翌年、定時制の課程を併設して、川崎大師平間寺が発起人となって設立された私立川崎弘道中学の生徒を受け入れながら、川中時代からの質実剛健の校風に育くまれ、引き続き多くの人材を輩出し、各界で活躍していることはご承知のとおりです。
 そして平成16年に、川崎南高校と統合して、全国初の全・定一体型の単位制フレキシブルスクールとなりました。併せて校舎改築を行われ、平成17年に“光と風”の新校舎が完成しました。学校のシステムが変わっても、川中・川高の同窓生として今後も母校の伝統を引き継ぎ、創造していくことと思います。
 柏葉会の目的は、会員相互の親睦を図り、母校の発展を助成することです。例年5月第3日曜日に「定期総会・記念講演」を母校で、10月第3日曜日には 「柏葉交流会」を校外で開催しています。また9月には母校の文化祭「輝葉祭」や 県下の高校OBが集う「青春かながわ校歌祭」に参加しています。これらの活動を通じて、多くの仲間や先輩・後輩は勿論、先生や在校生、PTAとも世代を超えて交流を深めているところです。このホームページでもご案内を差し上げますので、同窓生の皆さまのご参加をお待ちしています。
 母校は平成29年に創立90周年を迎えました。次は100周年を迎えることとなりますが、会員の皆様が母校の卒業生であることに誇りを持って、参加することに楽しみを感じて頂けるよう、活動の充実を図っていきたいと思います。
 会員の皆様の柏葉会へのご協力をお願いし、併せて皆様のご健勝を心からお祈り申し上げます。


県立川崎高等学校長
柏葉会顧問
平松 和夫

 平成16年4月、フレキシブルスクール川崎高校の開校の年に、川崎南高校から川崎高校へ異動し、教諭、総括教諭、全日制教頭、定時制教頭として8年間、新タイプ校の誕生からその変遷を見届けてきました。その後、鶴見高校副校長、津久井高校校長を経て、今年5年ぶりに校長としてこの川崎高校に戻ってきました。
 多くの職員や同窓会関係者の皆様から「お帰りなさい」という言葉をかけていただき感無量です。学校の創設に参加させていただいた教員が校長として再び戻ってこられたことは、県立学校144名の校長の中でも最も幸せな校長の一人だと思っています。
 さて、川崎高校同窓会(柏葉会)は今年90周年の節目の年を迎えます。心からお喜び申しあげます。長い伝統を基盤として、その上に新たなフレキシブルスクールという仕組みを展開する本校において、歴史に刻まれた思いを現時の在校生と共有できる場面を作ることが私の使命のひとつと考えています。これからも柏葉会と連携し、新たな「県川」の歴史を歩み続けていきたいと考えております。どうぞこれからも、本校の活動に対するご理解とご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。(平成29年4月記)